STAFF BLOG

腸内フローラを整えることが美容と健康の近道!

 

こんにちは☆栗並です(。・ω・)ノ゙☆

突然ですが、腸内フローラという言葉をご存知ですか??

大腸には数百兆個(500~1000種)の細菌が存在していて、集団で生活しています。
これらの腸内細菌が腸の中で広がっている様子が花畑(フローラ)のように見えることから
腸内フローラと呼ばれています。

なぜ今回腸内フローラを取り上げたかというと、
実は腸内フローラが“美容”と“健康”の寿命を左右すると言われているからです!!!

腸内フローラが整うと、
☆整腸☆美肌☆美ボディ☆免疫力アップ☆抗アレルギー☆代謝アップ
など、嬉しいことが盛りだくさん!

腸内細菌のバランスによって腸内フローラは大きく変わります!!

腸内細菌は具体的に善玉菌””悪玉菌””日和見菌3種類に分類されます。

理想のバランスは
善玉菌(良い働きをする):悪玉菌(悪い働きをする):日和見菌(どちらにも属さない)=2:1:7
といわれています。

善玉菌。。。悪玉菌の侵入を防いだり、腸内の吸収力を高めたり、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促したりすることでお腹の調子を整える。

悪玉菌。。。健康に悪影響を与える菌。悪玉菌が増えると腸内環境が悪化して肌荒れや便秘の原因に。

日和見菌。。。善・悪玉菌どちらにも属さない腸内細菌。通常は無害だが優勢な方の菌に影響を受ける場合がある。

バランスがとれていると善玉菌が悪玉菌の定着、増加を抑えることができるのですが、
加齢””食生活””生活習慣などの要因で悪玉菌が優勢になってしまうと
悪玉菌が作り出す有害物質が便秘や新陳代謝の低下、肌荒れや肩コリなど様々な影響を及ぼしてしまいます(/□\*)

皆さん、お菓子やジャンクフード、コンビニ食など多量摂取していませんか??
これらには食品添加物や白砂糖、トランス脂肪酸など腸の老化を促す要因がたくさん入っています(p>□<q*)

そして睡眠不足、運動不足、過労やストレスも悪玉菌を増やす要因になってしまいます(p>□<q*)

腸内フローラを整えるためには、これらの要因に気をつけることが大切ですが、
忙しい現代人にはなかなか難しいことかもしれません。
だからといってそのままにしておくと、肌はボロボロ、太りやすく、病気になりやすく。。。(/□\*)

そんな時!善玉菌の代表である植物性乳酸菌がお役にたちます!

乳酸菌は腸内で乳酸、酢酸をつくり悪玉菌の増殖、有害物質の生産・吸収を抑えることができるそう!!
そして乳酸、酢酸は整腸作用や腸の運動を正常にする働きも!!

生活スタイルをできる範囲で見直しながら、植物性乳酸菌を摂って
若々しい身体をつくりましょう♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP